第33回帝王賞 展望

ワールドカップ、日本はPK負けとなりました。
岡田監督じゃ、ここまでです。
予選突破したのが、奇跡です。
4戦全く同じ先発メンバー。
トーナメントを勝ち上がろうというチームでは、ありません。
今日は、松井も大久保も長谷部も動きが重かった。
今日の阿部、駒野は、つきもなかった。
その駒野をPK蹴らすか?
遠藤は5人目でしょう?
そもそも、今日のパラグアイの出来なら、玉田・森本の2トップの先発なら、90分で勝ててたと思います。
思った以上に選手たちは優秀だったということでしょう。
遠藤がすごいのは分っていましたが、長谷部、中沢はホントにえらい。
松井もよくやった。
楢崎、俊輔、森本、内田なんかもえらかった。
日本がなぜ天皇制をやめないのか、日本サッカー協会はよく考える必要があります。
アルゼンチンは、マラドーナが監督なのです。
負けても、ジーコならいいのです。
トルシエも成功でした。
オフトもオシムもよかった。
日本には誰がふさわしいのか、勉強をしただけの人ではダメなのです。
ラモスも成長を待つか?
今なら、ストイコビッチしか思い浮かばないのですが。

題名は、帝王賞ですが、ほんとは、次のことを書きたかったのです。
東京中日スポーツにワールドカップ中、どうも毎日書いているような、林雅人なるプロサッカー指導者という人のコラム。
この人に新聞記事を書く資格は、あるのでしょうか?
昨日(20100629)のコラムでは、今のアルゼンチンの守備ではドイツに勝てない的なことを書いていました。
この人はサッカーというものを理解していない。
サッカーは、スポーツで勝てばいいのです。
特にワールドカップは、その国のすきなようなやり方で、優勝を目指すものです。
どんなサッカーをやろうがいいのです。
その国なりのベストを出すのです。
アルゼンチンがやろうとしていることは、メキシコ大会で優勝したときと同じやり方です。
マラドーナとバルダーノとブルチャガが点を取りに行って、残り7人は守る。
それで優勝したのです。
今年のメンバーは、メッシとイグアインとテベスという、メキシコ大会よりもっといいかもしれない3人がいます。
マラドーナが監督なのだから、あたりまえのことなのです。
これで、ダメならしょうがないのです。
そして、今のアルゼンチンは、この明確なやり方でチームがまとまっている。
なにもモダンなサッカーをやることはないのです。
日本のように、ボール扱いが劣り、身体能力も劣る国は、モダンなサッカーをやらないと勝てないからそうするのです。
アルゼンチンは、そんなことやろうとして、いままでうまくいかなかったから、マラドーナ監督に任せたのです。
そして、間違いなく、今大会の優勝候補の実力を見せている。
そらりゃ、ドイツやブラジルには、負けるかもしれない。
でも、ベスト8までくれば誰にも文句言われる筋合いはないのです。
林雅人なる人物が、サッカーを生業にしているにも関わらず、サッカーを理解していないのは、記事を読めばわかるので、どうでもいいのですが、そんなコラムを書かせている東京中日スポーツは、なんなのかということを書きたかったのす。
私は、火曜と水曜に井崎脩五郎と山野浩一とみやびさんのコラムが読みたいがために買っています。
それ以外は、読むとこ少ない新聞だなーといつも感じてはいたのですが、今日の記事で黙っていられなくなりました。
もともと野球は中日ファン向け、モータースポーツが売りの新聞ですので、どうでもいい新聞なのですが、週2回買っている自分が悲しくなりました。
世の中とはそんなもんでしょうが、中日スポーツ関係者が、このブログを目にすることを祈りたいです。

何しろ次のアルゼンチン-ドイツは、楽しみです。
ドイツにしたって、マラドーナにやられたメキシコ大会のチームから、やろうとしていることは、変わっていません。
守ってゲルマン魂でカウンター一発。
パスを回して全員サッカーなんてことは、しようとしてません。
オランダでは、ないのです。
イングランドもイタリアもスペインもメキシコもアフリカ勢も韓国ですら、サッカーのスタイルがメキシコ大会と変わったなんて国は、ありません。
デンマークは変わりましたが、ラウドルップ、エルケーアというスーパースターがいないので、全員サッカーを目指して失敗した。
サッカーは、そういうものだと思います。
オランダ-ブラジルも楽しみだし、決勝は、是非アルゼンチン-ブラジルを見たいものです。
これから、スペイン-ポルトガル。これも面白そう。

で、帝王賞。
サクセスブロッケンじゃないかなー。
カネヒキリが来たら恐ろしい馬です。まさしく不死鳥。
これで、春季も終了です。
ディープインパクトの仔が早くも2勝。
来年のクラシックが楽しみです。
その前に秋のG1シリーズがあるのですが。

馬ぬいぐるみS カネヒキリ 54回東京大賞典
アバンティー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック