第71回桜花賞展望

出ていれば不動の本命だったレーヴディソール。
無念のリタイア。
それでも、有力2頭を出走している松田博厩舎は凄いですね。
レーヴが出てれば、1~3着独占もあったということになります。
絶対という馬はいないです。
印のある馬たちに可能性がある。
おむすび型から変わって以降の桜花賞は、明らかに底力のある馬が来るようになりました。
将来性のありそうな馬、選手権距離でもOKな馬を狙うべきです。
今回、わが女神の御宣託がありました。
ディープインパクトの初年度産駒の中から、マルセリーナを応援するということです。
それでいいと思います。
気になるのは、ポップロックの妹、スピードリッパー。
距離伸びていいはず。
松田博厩舎のもう一頭トレンドハンター。
ブライアンズタイムにマンハッタンカフェで、ダートで勝ってきている。
いいですね。
3連複総流し、馬連boxとも買います。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック