第71回皐月賞展望

抜けた人気のいない大混戦。
苦しいのも、ビッグロマンスくらいで、どの馬が勝っても不思議ありません。
ただ、3年連続となる岩田のパテック、2週連続安藤のベルシャザールの1着はない。
藤田のオールアズワンも1着はないとしても、2.3着は十分。
よって、決断するしかない訳で、若葉賞のタイムは優秀なので、ダノンミル・カフナ。
3連勝中ノーザンリバー。ディープ産駒3頭から、バラードを上げます。
池江どんぶりとダノンどんぶりをはずせば、絞れます。
バラードとパテックの組み合わせを追加しときたいです。

こんな時こそ、女神の御宣託にすがりたいところですが、
残念ながら皐月賞はありません。

WIN5も発売開始、実力で、2億のチャンスが到来しました。
皐月賞は総流しと思っていたのですが、それ以上に橘ステークスが難しい。
フォーメーションということになります。
他のレースも堅いというのがなく、今日のところは、ご祝儀参加ですね。
WIN5が当たっても、税務署対策のため、絶対発表しませんよ。
ですので、明確な、予想も書けません。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック