「世界史の新常識」と第64回大阪杯展望

世界史の新常識 (文春新書) [ 文藝春秋編 ] - 楽天ブックス
世界史の新常識 (文春新書) [ 文藝春秋編 ] - 楽天ブックス
季刊「文藝春秋SPESIAL」に掲載された文章をまとめたもの。
これは、読んでおくべき本であった。
文明は、異文化を吸収できなくなると衰退するのだそうだ。
欧州・資本主義文明が、中国やイスラム難民を
吸収できる余力があるのだろうか?。
武漢コロナ騒動の中、文明の転換点が
いよいよ来たと考えてしまう。

アメリカ民主党。
これはインチキ政党だ。
もとは、南部のプランテーションを守る側の政党だったものが、
党是を「市民権運動のリーダーである」と180度転換させた。
弱者にやさしい進歩主義の政党というイメージを
見事に作り上げたのだそうだ。
元々、奴隷制支持側だったのにである。
アメリカの政党の歴史は初めて知った。

歴史の見方は、循環史観と目的史観というのがあるそうだ。
ご存知のように、西洋・キリスト教的進歩主義が信じる歴史は、
目的史観で、我々もそういう教育を受けてきた。
よく考えれば、うさんくさいとわかる。
仏様が言っていることは、万物は繰り返すのである。
ローマ帝国時代、ペストが流行して時代が動いた。
日本でも安倍晴明の時代、ペストが流行っている。
はしかや天然痘、インフルエンザは何度も起きている。
東日本大震災と同じで、武漢コロナも、
時代に当たってしまっただけだ。
こういう本を読むと、また起こったと思える。
2020東京オリピックは延期になったが、
2020は、フリンピックがあって、
東出が先頭を走ってたが、志らくが内助の功で、
一気に差し切って金メダルだったと笑えればいい。
なんて思っていたが、志村けんを失ってしまって、
笑えなくなってしまった。

それでも、馬は走る。
大阪杯。
少頭数なのに難しい。
前目に付けれることを信じてワグネリアン。
本格化なったと見てダノンキングリー。
馬連はこの1点。
この2頭から、
ブラストワンピース、ラッキーライラック、クロノジェネシスへ、
3連単2頭軸マルチ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント